STZ改めVTZのDT-75(その2)


 ソ連の指導者スターリンが亡くなってから3年後の1956年2月、
後継者であるフルシチョフ書記長は、党大会でスターリン批判の演説を行い、
彼に関する個人崇拝を禁じました。

 地名や工場名、重戦車などに冠されたスターリンの名は廃止され、
スターリングラード・トラクター工場もF.E.ジェルジンスキー称号
ヴォルゴグラード・トラクター工場(VTZ)に改称されます。

 そのヴォルゴグラード・トラクター工場(VTZ)にて、
DT-54の後継として、1962年に開発されたのがDT-75です。

75馬力のSMD-14ディーゼルエンジンを搭載し、
キャブもGAZ-51やZiS-151トラックのような曲面デザインとなりましたが、
その丸い屋根からニックネームは「ハゲ頭」と呼ばれることになります。


DT75early.jpg

dt75_vgtz_1967_.jpg
                         後期仕様はグリル形状が簡素化されます。


1967年からは90馬力のA-41ディーゼルエンジンを搭載した
出力向上モデルのDT-75Mが併行生産されます。

DT-75とはフロントグリルの形状が異なるので、
識別は容易です。



1977.jpg


 
 DT-75は農業や林業、建設業など、あらゆるジャンルで活躍し、
供給が追い付かないほどの人気だったので、1968年からカザフスタン共和国の
パヴロダルスク・トラクター工場(PTZ)でも生産が始まりました。

 ヴォルゴグラード・トラクター工場(VTZ)製のDT-75は、
ボンネットの側面に「DT-75」と車種名がプレスされていましたが、
パヴロダルスク・トラクター工場(PTZ)のDT-75は「カザフスタン」と
生産国名になっていたので、「カザフのハゲ頭」のあだ名で呼ばれました。


 1978年にDT-75はフルモデルチェンジを施されます。
新形式名称になっても不思議ではないほどの全面刷新で、
エンジンはターボチャージャーを備えた80馬力のA-76に換装し、
それまでの丸型だったキャブデザインは直線的な角型に変更され
フロントガラスが1枚板になったので視界も良くなりました。

DT-75.jpg


真夏や乾燥地帯での作業性向上のためにエアコンが標準装備されました。


traktor-dt-75.jpg


 STZ-3以来、キャブの後部にあった燃料タンクは、
農作業用のアタッチメントや牽引物の思わぬ事故で、
破損したため、車体左側面に移動しました。
このため、乗降は右側からしかできなくなりました。

 この新型は、DT-75後期型と呼ばれ、それまでの丸屋根の
「ハゲ頭」は前期型となりました。

 あだ名は前方に突き出た屋根が郵便配達員の
帽子に見えることから「郵便配達員」でした。

pochta.jpg
                        警察や軍人の制帽と変わらない気が…

 1980年代半ば、ヴォルゴグラード・トラクター工場(VTZ)は
後継のVT-100トラクターが完成したため、DT-75の生産を打ち切ります。

f20110522145703.jpg

 DT-75に似た角型のキャブでしたが、視認性の向上のため、
ガラス面を大きくし、やはり、ドアは両側にあったほうが良いということで、
燃料タンクは再びキャブ後部に戻されます。
エンジンは120馬力のターボ・ディーゼルを搭載していました。

 ところが「VT-100は価格が高い」「DT-75の方が使い勝手が良かった」
「乗降りは不便でも燃料タンクが側面にあったほうがいい」などの声があまりに多く、
1988年からDT-75をVT-100と併行で再生産しました。

 結局、DT-75の生産は、そのまま、ソ連崩壊後の2009年まで続き、
前期型と後期型を合計した総生産台数は2,741,000台でした。

 生産終了から5年後の2014年、市場のニーズに応える形で、
ヴォルゴグラード・トラクター工場(VTZ)は、再度、DT-75を復活させます。
さすがにDT-75後期型そのまま再生産ではなく、
VT-100系トラクターのデザインを取り入れた新しい外観となりましたが、
DT-75の特徴である車体左側面の燃料タンクは継承されました。


dt-75_20170326023044cb9.jpg


2015dt75d.jpg


基本モデルは、90馬力のA-41SI-01ディーゼルエンジンのDT-75Dですが、
95馬力のD-245.5S2ディーゼルエンジンを搭載するDT-75M、
SMD-18NディーゼルエンジンのDT-75N、
RM-120ディーゼルエンジンのDT-75RMなどのバリエーションがあり、
現在も販売されています。


お気に召したら、ポチっと

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

野戦炊事車 K300 改め PK


発端は今から約35年、パウル・カレルの東部戦線の写真集
「Unternehmen Barbarossa im Bild」に掲載された1枚の写真でした。

 


 
 おそらく、日本で公開された最初のソ連の野戦炊事車の写真だと思います。
大半のモデラーは気にもしなかったでしょうが、
東京都大田区西糀谷の片隅で呉光雄さんが、

「たぶん、ソ連軍のフィールドキッチンだよ。模型化されたらイイよね」

としみじみと言うので、もともと野戦炊事車は好きだったから
「じゃあ、やりましょう!」と安請け合いしました。


 当時はパソコンもメールもなかったので、さっそく東側の模型友達に手紙を出し、

「ソ連軍の野戦炊事車の資料ある?どっかに実車とか残っていない?」

と尋ねたところ、ほぼ全員から

「そんな物、興味ないから知らん」

とつれない返事が。

 まだ、IS-2やBT戦車すらプラモ化されておらず、
先にキット化すべきアイテムが沢山あった時代ですから当然です。

 モスクワの中央軍事博物館の帝政ロシア軍を紹介するコーナーに
パウル・カレル本の野戦炊事車に似た模型が「K300」として展示解説されており、
名前だけはわかりました。


k300.jpg
                  中央軍事博物館に展示されていた野戦炊事車K300の模型


 帝政ロシア時代の19世紀末に制式採用されたK300は、
基本的な形状を変えないまま第二次大戦中まで生産され、
フレームの前部に収納箱があり、後部に調理釜という
後のKP-41/-42に繋がるソ連野戦炊事車のスタイルを確立していました。

 KP系列のKP-41/-42が自動車牽引式で金属フレーム、
ゴムタイヤだったのに対し、K300は木製フレームで馬牽引、
周囲に金属環を巻いた木製ホイールでした。

 日露戦争では日本軍に鹵獲され、研究用に国内に持ち込まれており、
フィンランド軍の野戦炊事車M29の原型ともいわれています。



irpk01.jpg


irpk.jpg
                         帝政ロシア時代の野戦炊事車


 ただキット化する際には、この長期間生産されている点が仇になり、
基本形態は変わらないものの細部変遷が不明なことでした。
調べれば調べるほどわからなくなり、気にはなるけど、
形にできないという状況が何年も続きました。

 転機は昨年、KP-41のレジンキットを発売したことでした。
ここ10年ほどで少しづつk300の情報も集まり第二次大戦中の生産型は、
大概こんなだなと製品化できる程度に判明し、
モデラーの性で、KP-41の横にK300も並べたいと思っていたところに
年末の東京AFVの会で久々に呉光雄さんにお会いし、
諸々、話すうちに大昔の安請け合いを思い出し、
「今こそパウル・カレル本の野戦炊事車を立体化しよう」
と決めました。


 k300ww2.jpg
              第二次大戦中の給食風景

R1036712.jpg


R1036715.jpg


R1036718.jpg


 おおまかな形を作り、エッチングの寸法指示図を作成し、
フェイスブックとツィッターに上げていたら、
それを見て、私が何を考えているかわかったロシアの友達から、
資料がどっと届いたうえに「あれな、K300じゃなくて、PKだぜ」
「中央軍事博物館の表記、間違いだったぜ」
という衝撃情報が…

実車の銘板が発見され、制式名称や生産工場が判明したそうです。

490642-f1b1888828d7fefff80367e27fa3a9ce.jpg

 
 ずっと彼も情報を集めくれていました。持つべきものは友です。

 ワンフェス発売を目指していましたが、1月下旬から仕事が忙しく
間に合うかは微妙ですが、必ず製品化するので、
35年前の西糀谷での安請け合いは、長い月日を経て実現できそうです。

 ちなみにパウル・カレルの写真集のPKは、
ソ連が深刻な金属不足に陥った1942年~1943年初頭の頃に生産され、
金属製のラックは木製となり、車輪も外周に巻く鉄板を節約するために
小径の車輪に変更されたモデルのようです。

 なぜ、中央軍事博物館は名称を間違えたのか?ですが、
PKの調理釜の容量は150リットルで、最大で300名分のスープを調理できます。

制式名称ではないものの、現場では「300名用調理車」という意味で、
K300と呼んでいたのではないか?とのことです。


気に召したら、ポチっと

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

STZのDT-75(その1) STZ-3とDT-54

 建設された当時、ヨーロッパ最大のトラクター工場であった
スターリングラード・トラクター工場(STZ)にて、
軍・民両用の装軌式トラクターとして1937年から生産が始まったのが
開発名称「STZ-NATI-1TA」こと「STZ-3」です。

 アメリカのインターナショナル社のTA-40クローラーをベースに、
ヴィッカース社の水陸両用軽戦車のサスペンションをソ連で改良した
独自の足回りを組み合わせ、出力52馬力のガソリン・エンジンを搭載していました。

 第二次大戦中の1942年にスターリングラード市街が戦場となったため、
生産は一時中断したものの、奪回後の1944年に再開され、
1949年まで続きました。

STZ_3.jpg

 STZ-3は、ハリコフ・トラクター工場でも1937年から製造されており、
やはりドイツ軍の占領によって1941年に一旦、止まったものの、
1944年から再開し、スターリングラード・トラクター工場と同じく
1949年まで続きました。

 1941年までにスターリングラードとハリコフで製造された
STZ-3の合計は約16,000台で、この中のおよそ4,000台が軍に配備され、
火砲牽引車や回収車として運用されました。

 さらにアルタイ・トラクター工場でも1944年から1952年まで生産され、
三つの工場での総生産台数は、210,744台でした。


____________________________________

 
1949年から、出力54馬力の水冷四気筒ディーゼルエンジンD-54Aに換装した
「DT-54」に生産が切り替わります。STZ-3では2名が狭い思いをして座っていた
キャブも大型化し3名が座れるようになり、ボンネットのデザインも変わりました。


DT5402.jpg


DT-5401.jpg

 DT-54はスターリングラード・トラクター工場で1963年まで生産され、
STZ-3同様、ハリコフ・トラクター工場(KhTZ)で1949年から1961年、
アルタイ・トラクター工場(ATZ)では1952年から1979年まで製造され、
総生産台数は957,900台という膨大な数で、ソ連の戦後復興や農業に活用されました。

(続く)


気に召したら、ポチっと

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

野戦炊事車KP-41が発売!


フェイスブックやツイッターで投稿したので、てっきりブログでも記事にしたと思っていましたが、
全然、勘違いで失礼しました。

野戦炊事車KP-41は、ワンフェス2016[夏]にて無事に発売できました。
アイテムがアイテムだけに、さすがに完売はなかったですが、
50個生産して30個以上を売りました。
スケール物、しかも大概の人には理解できないであろう
ソ連の野戦炊事車の改造パーツとしては、上々の成績です。


RIMG0017.jpg


今回は卸売りを考えず、売価ぎりぎりまで開発コストを掛け、
確実に売り切る数だけ生産するという方式で製品開発しました。
この方法ならマイナーなアイテムのキット化も可能なので、
戦時中のソ連野戦炊事車としては、数の上での主力というべきK300や
フィンランド軍のM1929、戦後のKP-2-48などの立体化が夢でなくなります。

肝心のKP-41ですが、パッケージはこんな感じです。


RIMG0049m.jpg


実車写真にしたのは、単に完成見本が間に合わなかったからですが、
「おお!本当に戦場で使われたんですね」という声が多かったので、
むしろ良かったのかもしれません。

パーツは本体、本体底部、釜上部、煙突とエッチングで構成されています。


RIMG0050.jpg


インストは、写真を使ったカラー印刷としました。
こういう作業が苦手で原型製作より、ずっと苦労しました。


RIMG0001.jpg


完成には、ミニアートの品番35061か35098のKP-42のキットが必要となりますが
組んだ姿はこんな感じです。


RIMG0004_edited-1.jpg


RIMG0008_edited-1.jpg


RIMG0010_20161005232745d38.jpg



正直、全然売れなかったら、どうしようかとも思っていましたが、
「実車は知らないけど買う!」という方が結構いて、
まだまだAFV模型の世界、捨てたもんじゃないなと嬉しくなりました。


気に召したら、ポチっと

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

カチューシャの点火システム

少し前、飲み会で、モデラーさんから質問が。

「ソ連のカチューシャのロケット弾の点火は電気ですよね?」

「そうですね」

「どこの製品も点火コードのモールドとか何もないんですが、
 どうなっているんですか?」

確かにズヴェズダやICMのキットでは、ロケット弾部品に
コードらしきモールドはありません。

カチューシャの点火は電気式ですが、各ロケット弾への点火はコードではなく、
ロケット弾本体の側面にあるレール取付金具に接点が付いており
ガイドレールにロケット弾を装填するとレールの内側にある電極と
接点が接触する仕組みになっています。(下のイラストA、B参照)


BM13.jpg


点火はバッテリー式で、キャブ後部に搭載されたバッテリー(イラストの4)から伸びたコードが
フレームの内側を通り、ランチャー後部から一旦、出て、
再び、ランチャーのパイプフレーム内を通ってガイドレールに繋がります。
点火スイッチは、キャブの助手席側にあります。



発射炎による断線を防ぐため、コードにはスプリング状の保護カバーが付いています。


お気に召したら、ポチっと

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村
プロフィール

高田 裕久

Author:高田 裕久

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア